人事評価機能も備わっている

従業員の賞与の査定をする際に役立つ

人材管理システムは、事業規模や業種などに関係なく各地の企業内で導入が進んでおり、今や人事担当者の業務の負担を軽減するうえで欠かせないものとなっています。特に、人事評価機能が備わっているシステムは、各部署の従業員の賞与の査定をする際に役立つことから、積極的に導入を検討する企業の数が増えています。人事評価機能を使いこなすには、ある程度のパソコンのスキルが求められることもあるため、必要に応じて導入前に人事担当者を対象とした研修を実施したり、操作マニュアルを配布したりすることが大切です。また、事業形態や従業員数などを考慮しながら機能にこだわって人材管理システムを導入したい場合は、個別対応に定評があるIT関連企業にサポートを受けるのも良いでしょう。

新卒や中途採用の場面でも活用できる

人材管理システムのメインの機能のひとつである人事評価機能は、新卒や中途採用の場面でも活用することが可能です。たとえば、採用選考を受けている人の学歴や職務経歴、保有資格などを効率良く把握したい場合には、人事評価機能を駆使してデータベース化することがおすすめです。また、書類選考から面接までスムーズに対応をするうえで、初心者にとっても使いやすい人材管理システムを取り入れることが肝心です。国内外のIT関連企業の中には、採用活動に特化した人材管理システムを提供しているところも少なくありません。そこで、予算や目的に合うシステムを選ぶうえで、時間を掛けて各社が扱っているシステムの機能の使い勝手の良さについて調べることが重要です。